blossomeとは

blossomeとは

2020年から大学入試制度が変わる

急速なグローバル社会に対応するため、文部科学省では大学の国際化を進めています。
これまでのように知識偏重で○×型の訓練を重ねた成績での合否を判定する入試から、TOEFLやIELTSなどの外部試験を活用し、
世界レベルの語学力とともに、国際的な教養を必要とする論文形式の試験が主流となります。blossomeでは、
長年帰国子女の英語力の定着、向上を指導、研究してきたEFFECT International Schoolの
非帰国子女向けのプログラム「Academia」を導入し、これまでにない英語教育を提供します。

「確かな英語力」
「広い教養」
「自分軸の確立」
の3つのバランス

可能性を広げ、活躍できる人材となるために必要な要素が「確かな英語力」と「広い教養」そして「自分軸」の3つ。
大学で英語の授業を受けられるレベルの英語力は、一朝一夕で身につくものではありません。計画的な学習プログラムにより、読む、聴く、書く、話すの4技能をバランスよく身につけることが大切です。
さらにアクティブ・ラーニングを合わせることで、探求心、好奇心を刺激しながら、論理的思考や幅広い教養を身につけることができます。「正解のない答え」を協同して導き出していくという学びのなかで、自分なりの考えを深め、自分軸を確立していきます。このアクティブ・ラーニングが新しい大学入試の小論文問題対策に大いに役立ちます。
Learn(基礎力) Think(思考力)Act(実践力)の3つのバランス

生涯学び続けていく時代に

これからは大学を卒業したら学びは終わりではなく、次の時代に必要とされる人材であるために、
生涯にわたり学び続けていかなければなりません。
だからこそ「学ぶことは楽しい」「知ることは面白い」という学びの根っこを育てていきたいと考えています。